伊達公子が引退表明

テニス女子で元世界ランク4位の伊達公子(46)が28日、自身の公式ブログで現役引退を表明しました。

9月11日から始まるジャパン女子オープンを現役最後の大会としています。16年4月に左膝半月板の内視鏡手術を受け、今年5月に公式戦復帰。しかしその後は肩の痛みのため棄権や欠場が続いていました。

公式ブログでは「『そう遠くない日』と言っていた日がとうとう訪れました。伊達公子、再チャレンジにピリオドを打つ決断をいたしました」とつづっています。

 

news.line.me